苦手意識の高い「算数」を克服する方法

中学受験に必要とされる科目の中でも最も合否をわける科目として知られている算数ですが、必ずしも学習量が成績向上につながるとはいえません。中には他の科目は出来るのに算数が出来ない事で残念な結果になってしまう事もあります。苦手意識の高い算数の攻略方法を考えてみましょう。

算数が苦手なお子さんの場合は、2通りの事が考えられます。根本的に計算や図形といった算数独特の世界が苦手だと感じているケースと問題の意味を把握できない場合があります。前者の場合には、理解できる学年の学習レベルから再度始める事が基本になりますし、後者は、読解力をつけるために国語の学習や読書などをする必要があります。

中学受験に必要な算数は全て小学校で学ぶ範囲が基本となっています。もちろん実際の入試問題は大人でも解けないほどの難問や中学以降で習う関数を利用する事もあります。これらは進学塾でも学べますが、学校の算数のテストが悪いお子さんは、例え遠回りになっても、中学受験の対策の前に小学校の問題をしっかりと理解できるようにする必要があります。

小学校で学ぶ基本的な内容から理解していくのでは、確かに中学受験の算数には時間的に届かなくなる事も考えられます。しかしながら学校の算数が理解できなければ、中学受験の入試問題を解くことはかなり難しくなります。
時間的な解決方法のひとつは、第1志望校の過去問題の特徴や出題傾向を把握する事で、学習時間の効率化を図るという事がひとつの方法だといえます。