社会の有名な語呂合わせで楽々暗記♪

中学受験に合格するためには、社会で歴史の年号や地理などを暗記する必要があります。そしてその暗記のために語呂合わせは非常に有効です。
語呂合わせを覚えていた場合、試験でも即座に落ち着いて解答をする事ができます。試験本番では予想外の出題もあるために、日頃から模試などを通じて落ち着いて語呂合わせを思い出す訓練をしましょう。

中学受験の社会科目で出題される語呂合わせは、例えば1543年の戦国時代の鉄砲伝来があります。この語呂合わせは、「以後予算で鉄砲を買います」と覚えると、容易に1543年が記憶に浮かんで解答が可能となります。

中学受験の社会では、年号と同時にその意味を説明させる問題が出題されます。そのため語呂合わせを暗記する時は、年号だけではなく、その時代に何があったのかをしっかりと覚えておきましょう。これは学校の授業などで対応可能です。もしも不明点がある場合は、学習塾や家庭教師を利用することも有効な方法となります。

社会を得点源にすると、中学受験で合格する可能性が高まります。社会は語呂合わせの暗記量が多いために日頃から少しずつ覚えておくことを推奨します。また、語呂合わせは寝る前に覚えると記憶に定着しやすいと脳科学の研究では言われています。