中学受験は大人でも解けない問題が意外とある

中学受験はとても難しい問題がとても多いです。例としては算数の問題です。これは算数で解けるなんて思ったら大間違いです。算数で解いてしまうとものすごく時間がかかってしまい、試験時間内に問題を解くことはできません。

これは算数に限った問題ではありません。国語の問題にも言えることです。ある、中学受験の問題では某有名大学の読解力と同じくらいのレベルのものを出題してくる中学校があります。このような問題を普通の大人が解くことができるでしょうか。

これは算数に限った問題ではありません。国語の問題にも言えることです。ある、中学受験の問題では某有名大学の読解力と同じくらいのレベルのものを出題してくる中学校があります。このような問題を普通の大人が解くことができるでしょうか。

社会の問題でも、とても難しい問題として、あまり有名ではないところの寺や大仏についての問題が出されたりすることもあり、地元の人しかわからない問題も出題されることもよくあります。なぜ、このような問題を出題するのかはわかりませんが本当に難解です。

中学受験はほかの高校受験や大学受験とは少し特殊なことがあるということです。高校受験や大学受験はある程度自分のことがわかっているのでどのくらいやればいいのか、どのくらいやらなくてはならないのかといったことが自分で判断できると思いますが小学6年生にはとても難しいと思います。
ある意味中学受験は頭の柔らかさが問われているところもあるかもしれません。