中学受験はいつから準備すると良いのか

中学受験を受けるための準備は小3から始めるのがベストです。
中学受験で中堅・難関校を目指す場合は相当な学力を身に付けておかなければならないため、早い段階からの準備が必要になります。
公立の小学校では中学受験対策をしないため、受験を受ける人は塾や予備校または、参考書などで自主学習をすることになります。

小2までは理科と社会ではなく、生活という教科でした。
小3から国語・算数のほかに理科・社会が新しく入ってきて4教科になります。
中学受験を受ける際はこの4教科を勉強していくので、この時期からの対策が必要です。

下記に中学受験におすすめの教材サイトを記載致しました!
・入試までに覚えておきたい問題をおさらいしよう! → 中学受験の国語対策が出来る教材サイト
・図形、計算式など子供が苦手な問題を徹底解説!→ 中学受験の算数対策が出来る教材サイト

他には、模擬試験・自主学習・過去問などの対策法があります。
模擬試験や過去問などはその学校の出題傾向が分かるので良い勉強になります。
自主学習の場合は、参考書などを用意して対策をすることが多いようです。

中学受験を挑戦する前に
小3から国語・算数・理科・社会の4教科の授業の予習、復習をしっかりしておけば、自宅で学習する習慣もついてこれから先の勉強もスムーズにいきます。
また、習い事なども両立できると中学・高校での部活と勉強もどうすれば上手く両立できるかが分かるようになると思います。

中学受験を合格した子供の将来について

長くて短い中学受験生活を乗り越えて、晴れて中学生活をスタートした子供を、第一志望校に入学できたかどうかはさておき、親としては誇らしく思えますよね。中学受験に挑む間、周りが遊んでいる時間も勉強にあててそれはもう勉強一色の小学校生活だったと思います。

やっと中学受験生活から解放されたところで、今度はまた新たなスタート地点に立ちます。同じ中学受験を経験した同志たちとの時間は、小学校生活とはまた違った印象を持つと思います。お互い切磋琢磨しながら、高めあえるような関係を築ける環境が待っています。

入学後も、新たな戦いが始まります。中学受験後の次の目標は高校進学、大学受験、そしてその先。まだまだ先は長いですが、夢は無限大です。まずは中学受験で勝ち取った現状を最大限に活用しながら、次のステップを見据えましょう。「将来何をしたいか」、「どういう自分になりたいか」を念頭におき、そのために必要である数々のステップを踏んでいくのです。

充実した授業内容や、受験、就職対策は、私立中ならではです。せっかく厳しい中学受験生活を乗り越えたのですから、存分に活用しましょう。無計画に中学生活を送らず、常に夢は無限大であること、たくさんの可能性をつかめる環境にあることを認識し、中学受験に挑んだ経験を忘れずに中学生活を送ってほしいです。

中学受験の必須科目は何から手を付けると効率が良いのか

中学受験の受験科目で最も重要とされる科目は国語と算数になりますが、中でも国語に関してはできるだけ早い段階から慣れていく事が必要になります。国語は成績へ反映されるのが遅いという特徴がありますし、問題文などを理解するという意味からも全ての科目の問題に対する読解力の向上にも影響があるからです。

中学受験において単純に合否をわける重要な科目はと聞かれれば、多くの受験関係者は算数と答えると思います。もちろん算数が最重要科目である事に変わりはありません。算数の問題が全く解けないのでは入試に受かる可能性は極めて低くなると考えるのが普通の考え方になるので、当然受験対策の中心になるのもうなずけます。それでは何故、国語が重要になるのでしょうか。

受験の合否をわける科目が算数である事は、基本的に間違ってはいません。算数の問題を解くには、公式や解法をはじめ、理論的に内容を把握している必要がありますが、問題文の意味がわからなくては根本的に解くことが出来なくなってしまいます。この問題文も学校にもよりますが、かなり複雑な聞き方をしている学校もありますので、ある程度の読解力が必要になってきます。

算数をはじめ理科や社会といった科目を軽視するわけではありませんが、これらの科目は基本的に学習量や理解をしたタイミングで突然解けるようになる事もあります。
従って中学受験では、国語は早い段階から学習をする事が望ましいと言えます。

中学受験は家族のチームワークが大切!

中学受験にチャレンジすることは、子どもの将来の可能性を広げる事にも繋がります。受験勉強は決して楽ではありませんが、まだ幼い小学生の時に自分で努力したことが、合格というはっきりとした結果で現れることは大きな自信を得ることにも繋がることであり、様々なメリットがあります。

中学に合格するためには、それぞれの志望校の傾向を踏まえた上で勉強する必要があり、多くの小学生は受験合格のために塾や家庭教師などで、受験に特化した勉強を行っています。塾や家庭教師などで学ぶことも大切ですが、一番大切なことは受験する子ども自身が意欲を持って毎日こつこつと勉強を続けていくことに他なりません。そのためには家族は欠かせない存在でもあるのです。

勉強は本人が努力して続けていくしかありませんが、家族はチームワークを持って子どもを支える環境を整える必要があります。自分自身で目標を持って努力をしていても、成績が充分に伸びなかったり不安やストレスに苛まれる時はあります。そのようなストレスを緩和できる様に、家族は皆で子どもの精神的なフォローを行う事が大切になります。

中学に合格するためには、家族のサポートが欠かせませんが、それぞれ役割を持って支援することが大切です。食事における栄養管理や健康管理は、受験には欠かせない重要なポイントです。ストレス解消のために、外出などで気分転換を図ることが必要な時もあります。さまざまなサポートで、子どもが勉強に自ら集中できる環境を整えることが大切になるのです。

中学受験に向けて必要な事

早い準備が必要な中学受験。小学校入学前・入ってすぐに受験の準備をスタートさせる家庭も多いです。小学1?3年生で必要なことは、「学習するクセづけ」です。なにも1年生から難解な問題が解けるように勉強する必要はありません。まずは「机の前に長時間座っていられる」状態に持っていくために、学習のクセづけから始めましょう。自ら進んで学習の準備にとりかかれるようになるのが目標です。

小学生の受験勉強において「国語力」は欠かせません。一見関係のなさそうな算数でも、文章題を理解することは国語を理解することでもあります。受験や問題の注意点を理解することも国語力が必要になってきます。小学3、4年生になってくると、国語や算数の文章題に力を入れてみましょう。

学校以外の学習時間も必要になってきます。塾や家庭教師などの中学受験専門のサポートも小学3~4年生の2学期ごろまでには考えましょう。自分ひとりだけでする学習だけでなく、緊張感を持って学習することが必要になる時期です。

小学校高学年の5、6年生になれば、「この中学に行きたい!」という子どもの明確な目標がが必要になってきます。明確な目標が定まると、ダラダラ勉強するよりも桁違いに成績がアップします。志望校を訪問し、子どものやる気や気持ちを高めることもおすすめです。